医療事故現場の実態

医療事故とはどのようなものか

医療事故というのはどのようなものなのでしょうか?

2つのケースが、医療事故としてはあります。1つ目のケースとしては、誰の怠慢でもミスでもなくて、医療事故が不可抗力によって起きた場合です。2つ目のケースとしては、人為的な怠慢やミスによって、医療事故が起きた場合です。

人為的な要因が考えられるケースの場合でも、問題が患者サイドにあって医療事故になったケースと、問題が医師や病院サイドにあって医療事故になったケースがあります。医療事故において、特に問題になるのは、問題が医師や病院サイドにあり、被害を患者が被るケースです。

医療事故問題に悩む方は弁護士へ相談!

医療事故の要因

では、医療事故はどのような要因があるのでしょうか?

医療事故の要因としてはいろいろありますが、最新の医療からの遅れ、医療知識の不足などによる、医療ミスが一般的には挙げられます。また、現代の医療が細分化していること、高度化、専門化していることによって、診断を専門外のケースについて行う場合の知識が足りないことも要因として挙げられます。

さらに、絶対にあってはいけないことですが、医療事故は不注意によるものもあります。 医療事故に一般的な開業医が至る大きな医療ミスを犯す要因としては、診断がつかない、確信を治療方針や症状について持つことができないような患者を長く抱えている、ということがあると言われています。