医療事故の訴訟期間

医療事故の訴訟の場合はどの程度の時間が決着するまでにかかるか

医療事故の訴訟の場合には、どの程度の時間が決着するまでにかかるのでしょうか?

医療事故の訴訟場合は、時間が決着するまでにかかる場合が多くあります。裁判所としての審理期間の目標は、トラブルを整理するために1年、鑑定などをするために10ヵ月、判決を作るまでに2カ月、トータルで2年間としています。

しかしながら、実際には和解に早い時期に持ち込む場合もありますが、現状としては数年間はかかっています。2001年度の審理期間の平均を見てみると、従来より短くなったとは言っても3年近くの期間がかかっています。


医療裁判の勝訴率

医療事故の訴訟の場合の勝訴率はどうなのでしょうか?

医療事故の訴訟の場合は、以前は勝訴率が低いということで有名になっていました。しかしながら、最近では35%をオーバーする程度になっています。一般的な民事裁判において、原告が勝訴する率が80%~85%と言われていますが、まだ医療事故の訴訟の場合は低い勝訴率です。医療事故の訴訟を担当する弁護士は、病院の閉鎖性、医療の専門性とも戦う必要があるため、正当に医療被害を立証することは非常に困難でしょう。

しかしながら、医療事故の訴訟の場合は勝つことができないということでは決してありません。最終的に裁判所が判断する基準としては、原告サイドの立証・主張を経て、基本的に健全な法律家の常識をベースにしてされるものです。

DATE:2016/7/8

コラム

記事一覧