薬の分量ミスと痴ほう

薬の分量ミスで祖母がボケに?

私の祖母が薬の分量ミスで苦しんでいた時期があります。幸い今は元気ですし、そういうことがあったのも忘れているのではというかんじです。きっと、お薬手帳を使っていればこんなことになっていなかったのかもしれないと思います。

端的に言えば、薬を飲みすぎていたのです。ただ、母親曰く、そのあたりの確認を医師たちは全くしてくれなかったとのことです。どちらが悪いというのは私はよく分かりませんが、お薬手帳をしっかり使うべきでしたし、医師たちも確認をする必要があったのではと思います。祖母が具体的にどのようになっていたのかというと、ボケていたというのが正しいかもしれません。


薬の過剰摂取

ただ、普通ボケというのはだんだんその兆候が見えてくるわけです。ですが、祖母の場合は急にきたというかんじだったので、おかしいなと思っていました。病院に行ったらなんと、薬を減らしてみましょうと言われたではありませんか。大丈夫だろうかと思いつつ薬を減らしたら、1週間ほどで元の祖母に戻りました。

その後しばらくは、あの時は辛かったと言っていました。もちろん分量ミスというのはあったと思いますが、こちら側にも落ち度があったと思うと、一方的に向こうを責めることは出来ません。それ以降はしっかりお薬手帳を持たせるようになり、今では薬の飲み過ぎというのは一切ありません。

DATE:2016/9/18

コラム

記事一覧